アコムから銀行口座振込でお金を借りるには?ネット申込24時間OK

アコムカードローンでお金を借りるにあたって、

  • 現金でお金を借りる方法
  • 銀行口座にお金を振り込んで貰う形でお金を借りる方法

の2種類があります。

今回は、銀行口座にお金を振り込んでもらう形でのお金の借り方をご紹介します。家賃や携帯料金などを銀行口座引き落としに設定しているのであれば、非常に便利な借入方法です。

アコムからネット申込で銀行口座にお金を振り込んでもらう方法

銀行口座に振り込んで貰う形でお金を借りるには、アコムカードローンを契約する際に、銀行口座を登録する必要があります。

登録する銀行口座は、公式ページからお申込みをする際に、情報入力欄にて「振込口座について」から設定が可能です。

※ご自身の名義の金融機関口座に限ります。

※後述するように、楽天銀行口座をお持ちであれば、それを登録すると便利です。また、もし三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば、別のサービスがお得に使えます。

(※家族バレなどを気にする方) 家族にバレずに借りたいのであれば、契約の際に注意してもらいたいポイントがあります。それは、契約時に交付書面の受取方法を「アコムホームページで確認」を選択することです。こうすることで、振込をした際に通常は送られてくる「お取引明細書」の自宅郵送を避けられます。 ※ただし状況によっては、受取方法の選択ができない場合もあります。

登録時に受取方法の選択ができない場合には、アコムカードローンを契約後に受取方法を変更できます。

楽天銀行があれば便利

アコムカードローンを利用する場合、楽天銀行口座を振込先に指定すれば、利用手数料無料、土日祝日24時間利用可能、振込希望してから最短1分での振込をしてくれます。

楽天銀行口座を持っているのであれば、アコムで振込融資してもらうのがベストっていうことです。

また、他の銀行口座でも振込によりお金を借りることはできますが、楽天銀行に比べれば不便です。お申込みはいつでもできるのですが、平日9時~14時30分までにネットから申込みをしないと、翌営業日に振込となってしまいます。

三井住友銀行やジャパンネット銀行を持っているなら

もし三井住友銀行口座やジャパンネット銀行口座を持っているのであれば、プロミスがお得になります。

それらの口座であれば、瞬フリという振込キャッシングを利用可能で、手数料も無料なんです。土日祝日・24時間最短10秒での振込が可能なサービスです。ただし、年中無休で対応可能というわけではありません。

振込によってお金を借りた場合の注意点

振込でお金を借りた場合には、後日「お取引明細書」が送られてきます。

ただし、アコムカードローンの契約の際に、書面の受取方法にて「アコムホームページで確認」を選択したのであれば、送られてこないので家族バレを防ぐことができます。

※ただし状況によっては、受取方法の選択ができない場合もあります。登録時に受取方法の選択ができない場合には、アコムカードローンを契約後に受取方法を変更できます。

まとめ

アコムから銀行口座振込でお金を借りるには、24時間申込は可能ですが、楽天銀行以外の場合、即日で振込をしてくれるには条件が付きます。

楽天銀行があれば、24時間振込を希望して、最短1分での振込をしてくれることも可能になります。

また、もし、三井住友銀行やジャパンネット銀行をお持ちであれば、アコムではなくて、プロミスの方が便利です。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ