アコムの審査に必要な本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)

アコムカードローンを新規契約する際には、本人確認書類が必要になります。他人が偽って申込をして、勝手にお金を借りるなんていうことがないように、本人かどうかを確認する目的で書類を提出してもらうわけですね。

この記事では、アコムカードローンの審査を通過するために必要な本人確認書類一覧と、よくある疑問に関してまとめていきます。

審査に必要となる本人確認書類

運転免許証もしくは健康保険証 ※必須

  • 運転免許証もしくは健康保険証どちらか1点
  • 外国籍の方は在留カード、特別永住者証明など

審査に必要となる本人確認書類として、一番誰もが持っている可能性が高い運転免許証が求められます。しかし、持ってない方でも大丈夫です。その場合には、健康保険証で本人確認してもらえます。

<よくある質問と回答>

Q:本人確認書類住所がアコムカードローンに申し込む際の住所と異なる場合にはどうなるか?

A:この場合は、アコムカードローンに申し込む際の住所が記載された以下の書類いずれかを併せて提出する必要があります。ただし、確認時に領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限ります。

  • 公共料金の「領収書」 (電気、ガス、水道、固定電話※、NHKのいずれか1つ)
    • ※携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の「領収書」
  • 国税、地方税の「領収書」
  • 「納税証明書」

参考 アコム審査で本人確認書類の住所が現住所と異なる・違う

収入証明書 ※状況によって必要

以下に該当する場合には、収入証明書の提出が必要になります。収入証明書は、源泉徴収票や給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書などのことです。

  • 他社を含めた借入金額総額が100万円を超える場合
  • アコムカードローンの利用において50万円を超える契約をする場合

これらに該当してない場合には、収入証明書の提出は不要です。あくまでも高額の利用をする場合に提出してもらうっていうことですね。高額を貸すとなるとリスクが伴うので、ある程度の収入が見込める人でないと貸せないっていうことになります。

銀行口座通帳と口座届出印 ※状況によって必要

口座振替(口座自動引き落とし)をご希望の場合には、引き落とし口座の通帳とその届出印が必要になります。そうでない場合には、必要ありません。

書類にマイナンバーが記載されている場合はどうする?

2016年になってからマイナンバー制度が始まりました。そのため、書類にマイナンバーが記載されていることがあります。マイナンバーは他人に安易に教えてはならないため、カードローンの契約時にも相手にわからないようにする必要があります。

個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地を隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にして提出するようにしてください。

大企業なのでマイナンバーを悪用することはありませんが、マイナンバーは人に教えることはしないように気をつけましょう。そこらへんは、自分自身で大切な個人情報を守っていかないといけないです。

審査に必要な本人確認書類まとめ

審査に必要な書類としては

  • 必須 運転免許証または健康保険証から1点が必須
    • 外国籍の場合は在留カードなど
  • 状況に応じて 収入証明書
  • 状況に応じて 銀行口座通帳と届出印

となっています。状況に応じての部分は、記事本文に詳しく記載されているので、そちらをご確認ください。

アコム詳細

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ