アコムで返済期日前の返済をする場合、何日前から?

アコムカードローンで借りたお金を返す際には、返済期日があります。お支払いサイクルとしては、35日サイクル毎月指定期日口座振替の返済との3種類があります。

では、返済期日前に返済をする場合には、何日前からであれば有効なのでしょうか?また、あまりにも早く返済しすぎるのは良くないのでしょうか?ここらへんの、返済期日前の返済に関する疑問を解決する記事をお届けします。

35日サイクル返済の場合

返済期日

35日サイクルの返済を選択している場合、返済期日は以下のようになります。

  • 初回は、借入日の翌日から数えて35日目
  • 2回目以降は前回の返済日の翌日から数えて35日目

返済期日前に返済した場合

では、返済期日前に返済をしたのであれば、どのような扱いになるのでしょうか?

35日サイクルでは、返済期日前の返済はいつでもOKとなっています。ただし、返済をしたら、その翌日から数えて35日目が、新しい返済期日となります。

例えば、2月1日に初めて借入をした場合、2月2日から数えて35日目の3月7日が1回目の返済期日になります。そうすると、3月7日当日に返済した場合には、2回目の返済期日は、3月8日から数えて35日目の4月11日となります。

一方で、1回目の返済期日の3月7日よりも早い2月20日に返済をした場合には、2回目の返済期日は2月21日から数えて35日目の3月26日となってしまいます。

このように、返済はいつでもOKなのだけれど、返済するのが早ければ早いほど、次回の返済期日が早まっていくことになります。

ただ、返済が早くなればなるほど、利息は安くなるので、余裕があれば早め早めの返済がおすすめです。

毎月指定期日の返済の場合

返済期日

毎月指定日の返済をする場合には、毎月指定日が返済期日となります。ただし、その返済期日がアコムの休業日(土日祝日・年末年始)であれば、翌営業日が返済期日となります。

返済期日前に返済した場合

当月に返済したとみなされるのは、あくまでも返済期日より14日前から当日までに返済した場合です。

返済期日より15日以上前の返済をすると、前月の追加入金とみなされるため、当月に返済したこととみなされません。

例えば、毎月25日に返済をするとします。

そうすると、3月の返済期日は3月25日です。

この場合、3月11日以降に返済したのであれば、3月に返済したこととみなされますが、3月10日以前に返済したのであれば、2月の追加入金とみなされて、3月の返済とはみなされません。

つまり、3月10日以前に入金してしまったら、3月11日以降に再度3月分の返済をしないといけないことになります。

口座振替での返済の場合

口座振替=自動引き落としでの返済期日は毎月6日となっています。6日が金融機関の休業日の場合、翌営業日が口座振替日となります。

返済期日前の返済まとめ

返済サイクルとしては

  • 35日サイクル
  • 毎月指定日返済
  • 口座振替

の3パターンがあります。

<35日サイクル>

返済期日

初回は、借入日の翌日から数えて35日目
2回目以降は前回の返済日の翌日から数えて35日目

期日前に返済をしても、返済翌日から数えて35日目が次の返済期日となっていく

<毎月指定日返済>

返済期日

毎月指定日 ※アコムの休業日(土日祝日・年末年始)であれば、翌営業日が返済期日

返済期日前の返済をするのであれば、14日前からでないと当月の返済として認められない。

<口座振替>

返済期日

毎月6日 ※金融機関の休業日(土日祝日・年末年始)であれば、翌営業日が返済期日

アコム詳細

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ