アコムカードローンの返済延滞で生じる遅延損害金とは?

アコムカードローンを使っているけれど、ついついうっかりとしていて返済を延滞してしまった・・・。そんな時、一体どのようなデメリットが起こりうるのでしょうか?

この記事では、アコムカードローンを使っていて誰もがやってしまいがちな返済の延滞を起こしてしまった時に生じる遅延損害金の計算方法をご紹介します。

遅延損害金とは?

アコムに限らずカードローンのサービスを使っていて、返済が遅れてしまうと遅延損害金と呼ばれるものが発生してしまいます。これは、別名、延滞利息や遅延利息とも呼ばれており、返済が滞っている時にかかる利息になります。

遅延損害金の場合には、通常のカードローンの金利とは別に、年率20.0%の利息が加算されて請求されてしまいます。こうなると、余計にお金を払うはめになってしまうので、返済の延滞は絶対に避けたい所です。

遅延損害金は遅延日数が伸びれば伸びるほど、その日数に応じて金額が加算されてしまうので、できるだけ早めに返済するようにしましょう。

では、具体的にどれくらいの金額がかかってくるのでしょうか?以下に遅延損害金の計算方法をご紹介します。

遅延損害金を計算するには?

自分の返済が遅れてしまっている場合、どれくらいの金額が余計にかかってしまうのかというところは気になりますよね?ですから、計算する方法を説明します。

遅延損害金を計算するには、以下の方程式に当てはめればOKです。非常に簡単ですよ。

遅延損害金(円)=借入残高(円)×遅延損害金年率(20.0%)÷365(日)×延滞日数(日)

となっています。

※20.0%は計算する際には、0.2に置き換えて計算してください。100%を1とした場合、20%は0.2だからです。

これを具体的に計算してみると・・・

○計算例

借入残高10万円、延滞日数10日の場合、

遅延損害金=10万円×0.2÷365×10=547.9円(約548円)となります。

遅延損害金の計算式からも分かるように、延滞日数が伸びれば伸びるほど金額が大きくなってしまうので、早めに返済しちゃったほうが良いですよ。

遅れれば遅れる程、損をしてしまうことになります。

返済延滞で起こる他のデメリットは?

返済が延滞することで、遅延損害金が発生することだけではなくて、他にもデメリットがあります。アコムとの信頼関係に傷がついてしまうということです。

信頼関係に傷がつくと何にデメリットがあるのかというと、今後使っていく上で金利を下げてもらいたいとなった場合の交渉も通りづらくなります。

やはり返済をしっかりとしてくれないと、信頼しろと言われても信頼出来ないですからね。社会人として生きていくのには、期日を守ることは本当に大切です。それを守れないと、信頼はなくなってしまいます。

また、あまりにも返済が長引いたり、何度催促されてもお金を返済しないような場合には、カードローンの利用を止められる、一括返済を求められる、自宅に督促状が届くなどの対応がなされることもあるようです。

どうしてもお金が返済できないときはどうするべきか?

では、どうしてもお金が今返済できないっていうときにはどうしたらいいでしょうか?

これのベストの対策としては、アコムに事前連絡を入れることです。「今は急の出費が出来てお金が払えないけれど、○日にはお金が入るから、それで絶対に返します。」というように連絡をすることです。

連絡のポイントとしては

  • 遅れてしまうことに関して申し訳ないと思っていること
  • 今どうしてお金を返済できないのかの理由を添えること
  • いつなら返せるかをしっかりと伝えること

です。

これらをしっかりと伝えることが、社会人としてのマナーでもあります。

また、このように伝えることで、返済期日を変更してくれる場合もありまして、その場合には返済延滞にならず、遅延損害金もかからないってことがありえます。

お金の返済の目処が立たない場合は?

どうしても返済の目処が立たない時にはどうするべきか?それに関しては、無利息カードローンを利用するって言う方法があります。

初めての利用であれば、条件付きで無利息でお金を借りることが出来るサービスが存在します。それらからお金を借りて、一度返済してしまうっていうのがベストなやり方です。

無利息サービスがあるカードローンとしては、プロミスアコムがおすすめです。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ