アコムは年収の3分の1を超えて借りれない総量規制対象

改正貸金業法によって、貸金業者は総量規制の対象になりました。総量規制とは、借入の総額が年収の3分の1を超える場合、新たな借入ができないようにするものです。

アコムカードローンは、貸金業者のため、総量規制の対象となります。

つまり、アコムカードローンを利用する場合、他社のカードローンなどを含めて年収の3分の1を超えてはいけないように設定されます。もし、既に超えそうなのであれば、利用は不可能なのです。

例えば、年収が300万円だとすると、100万円を超える金額の借入は不可能っていうわけですね。では、ここで気になるのは年収って何を指しているの?ということだと思われます。

アコム総量規制の対象となる年収の意味

年収というのは、手取りの金額ではありません税金や社会保険料を含めた収入の総額のことを指しています。源泉徴収票であれば、左上にある支払金額に書かれている数字が年収を意味しています。

サラリーマンなど実際にもらっている金額というのは、税金によって様々な金額が引かれた結果、手にするものです。ですから、手取りでもらっている金額以上に年収はあるものなんですね。

だから、「手取りがものすごく少ないから、年収も相当少なくて、その3分の1じゃあ、相当少ないんだろうな…」なんて思うかもしれませんが、実際には思っていたよりは多くなるはずです。

住宅ローンや自動車ローンは借入に含まれるのか?

アコムカードローンは総量規制により年収の3分の1を超えてはお金を借りれないことがわかったとして、ではどのようなものが借入に含まれるのかという疑問が残ります。

ここらへんは、かなり判断が難しくなるので一概には言えないのですが、以下のものは借入に含まれません。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 銀行系のカードローン
  • クレジットカードでのショッピング

ですから、これらでお金を借りていたとしても、総量規制の対象となる借入にはならないので、除外して考えてください。

大抵の場合には、貸金業者からの借入が総量規制の対象となる借入です。つまり、アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフルなどからの借入が対象となります。

アコム利用と年収についてまとめ

結論をまとめますと

  • アコムカードローンは総量規制の対象である
  • 総量規制とは年収の3分の1を超えての借入はできない制度のこと
  • 年収とは手取りではなく、税金や社会保険料などを含めた金額のこと
  • 借入には住宅ローンや自動車ローンなどは含まれない。
    • そのため、自動車ローンや住宅ローンなどが年収の3分の1を超えているからといって、アコムからお金を借りれなくなるわけではない

ということになります。

自分はお金を借りれるのかどうか迷ったのであれば、アコムの3秒診断をしてみると良いです。そうすれば、大体の目安にはなります。

アコム詳細

※3秒診断の結果が良かったとしても、お金を借りれるというわけではありません。実際の審査ではその他に様々な観点から評価され、総合判断されます。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ