アコムで利用明細の自宅郵送を避けて利用する方法。電磁交付

アコムカードローンを使おうと思っているけれど、家族にバレたくないって考えている方は多いです。実際に家族や同居人にバレてしまう最大の原因は、自宅への郵送物と言われています。

では、アコムを利用する上で自宅へ利用明細が送られてくるのを避けて利用することはできないのでしょうか?そこに関して、この記事では詳しく調べてまとめましたので参考にしてみてください。

アコムカードローン契約時に電磁交付を選択する

アコムカードローンからの利用明細を自宅へ郵送されないようにするには、審査完了後に届くメール「契約手続きのお願い」から選択することができます。

そこで、書面の受取方法を「アコムホームページで確認」としてください。これが電磁交付であり、自宅へ利用明細書が郵送されるのを避けることができます。

※電磁交付とは?

電磁交付とは、契約にかかわる書面や借入・返済・支払いの明細書をアコムのホームページの画面にて確認することが可能なサービスを意味しています。

もし、この電磁交付を利用してない場合=承諾してない場合には、利用明細書が毎月月末までに登録住所宛=大抵は自宅に届くようになっています。

ちなみにですが、自宅に利用明細書が送られてくる場合、利用者のプライバシーの保護を考えてくださり「ACサービスセンター」名で送ってくれます。ですから仮に自宅に届いたとしても、それを勝手に開封されないかぎりはバレることはありません。

確認することが可能な明細書の種類

明細書としては、以下のものがあります。

  1. 貸付証明書
    • 借入に関する取引内容を記載した明細書
    • 取引日や金額が記載されている
  2. 入金明細書
    • 返済に関する取引内容を記載した明細書
    • 取引日や金額が記載されている
  3. カードご利用明細書
    • 口座振替を利用している場合、前回・今回の振替内容が記載されている

これらの明細書は、自宅郵送をしている場合には、自宅に送られてきます。しかし、電磁交付=ホームページで確認する場合には、以下の「明細書をホームページで確認する方法」を参考にしてください。

明細書をホームページで確認する方法

確認するには

  • 会員ページヘログイン
  • 明細の確認を選択

することで閲覧可能です。必要であれば、印刷することなどでとっておくこともできます。

この電磁交付の場合には、ATM等で直接明細書を受け取ることができた取引に関しては記載されていません。アコムATMや提携ATMで借入や返済をした場合っていうことですね。

また、注意点としては、直近の取引に関しては、履歴に反映されるまで時間がかかることもあります。ですから、もし反映しなくても焦ること無く、数日待つなどしてください。

既に電磁交付に承諾せず契約をしてしまった場合

では、既に電磁交付に承諾せず契約をしてしまった場合には、後ほど変更することはできないのでしょうか?実は簡単にできます。

自宅郵送を避ける設定方法は

  • 会員ページにログイン
  • 書面の受取方法(登録・変更)を選択
  • 現在の登録情報を確認して、登録(変更)

で手続き完了です。

アコム 利用明細の自宅郵送を避ける方法まとめ

自宅郵送を避けるには、電磁交付に承諾する必要があります。ただし、仮に自宅に利用明細書が送られてきたとしても、「ACサービスセンター」名で自宅に届くので、そこからバレるっていうことはありません。

また、もう一点、バレル可能性があることとしては、最初の契約時にアコムカードが送られてくる場合です。これを避けるには、アコムカードをお近くのむじんくん(自動契約機)で発行して貰う方法があります。

アコムカードローン以外にも自宅郵送物を避けてくれるカードローンはあります。それらはこちらの記事を参考に比較してみてください。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ