プロミスの追加融資に審査は必須か。対応時間や返済金額

プロミスから追加で融資をして貰う場合、利用限度額の範囲内であれば審査の必要なく、プロミスカードを利用してプロミスATMや店頭窓口、提携ATMから借入可能です。また、振込キャッシングという手段もあります。

しかし、利用限度額を超えてお金を借りたいとなった場合には、利用限度額を増額して貰う必要があります。これには審査が必要となります。

以上のように、

  • 利用限度額内での追加融資
  • 利用限度額を超えた追加融資

という2つのパターンがありますので、それぞれについて詳しくご紹介をしていきます。

利用限度額内での追加融資

利用限度額内であれば、いくらでも追加融資をしてもらうことができます。

融資して貰う方法としては、プロミスカードを使ってプロミスATMや提携ATMからお金を借りることもできますし、指定の銀行口座へ振込で融資してもらうこともできます。

特に2016年4月1日からはゆうちょ銀行との提携もしたので、ゆうちょ銀行ATMを利用して借入をすることも可能となりました。※Web明細登録が必須

利用限度額内であれば、好きなだけ使っていくことができますので、計画的に使っていきましょう。

追加融資対応時間

追加融資の対応時間としては、ATMの営業時間内であればプロミスカードでお金を引き出すことができます。営業時間に関しては、店舗によって異なることがありますので、それぞれの店舗で確認をする必要があります。

また、銀行振込によりお金を借りる場合には、登録する銀行によって対応時間が異なってきます。例えば、三井住友銀行やジャパンネット銀行なら瞬フリが可能で、受付完了から10秒程度で振込をしてくれます。

※三井住友銀行は毎週日曜日21時から翌月曜7時までと元日は終日サービス停止。ジャパンネット銀行は毎週月曜日0時から7時と元日はサービス停止。

利用限度額を超えての追加融資

利用限度額を超えて追加融資してもらいたい場合には、限度額の増額審査をしてもらう必要があります。

やり方としては

  • Webの会員サービスにログイン⇒限度額変更申し込みから申し込みをする
  • プロミスコールにお問い合わせ
  • 自動契約機
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 郵送

のいずれかになります。

一番カンタンに申込をするのであれば、インターネットからです。スマホからでもラクラクとできるので、こちらの記事を参考にしてやってみてください。

また、利用限度額が50万を超えたりする場合には、収入証明書の提出も必要となります。どういった条件で収入証明書の提出が必要になるかについては、こちらの記事を参考にしてください。

対応時間

プロミスの増額審査の対応時間ですが、平日の午前9時から午後6時までとなっています。土日祝日に関しては、申込はできますが、連絡は翌営業日以降となってしまいます。

追加融資をした場合の返済額

これは予備知識になりますが、追加融資をした際に毎月の最低返済額は変わります。

というのも、最低返済額を計算する際には、最後の借入後の借入残高を元に計算をするからです。

追加融資をする場合にはこの点に気をつけて利用していきましょう。詳しい返済額の計算方法はこちらの記事で紹介しています。

プロミス追加融資まとめ

プロミスで追加融資をしてもらうには

  • 利用限度額内での追加融資
  • 利用限度額を超えた追加融資

によって異なります。

利用限度額内であればいくらでも追加融資をしてもらうことができます。ただし、注意してもらいたい点は、追加融資をしてもらった場合、毎月の最低返済額は変わってしまうということです。

また、利用限度額を超えた追加融資には審査が必要になります。具体的な審査のやり方はこちらの記事を参考にしてください。スマホからも申し込めるので便利ですよ。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ