プロミスで借入可能な年齢下限や年齢上限は?年齢詐称はNGです。

プロミスカードローンはお金を貸してくれるサービスですが、最終的にはお金を返済してもらうことまでが仕事になります。そのため、誰にでもお金を貸してくれるというわけではありません。しっかりと返済をしてくれる人=返済能力のある人にお金を貸してくれます。

返済能力があるかどうかを審査の際に見ており、それでダメだと判断されたらお金を貸してくれませんし、OKと判断されたらお金を貸してくれるということですね。

でも、それ以前に年齢によってしっかりと制限を設けています。それがお申込み可能な年齢下限と上限です。

プロミスカードローンのお申込み条件のところには次のように記載されています。

お申込み条件

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

プロミスからお金を借りることが可能な年齢制限

上でもご紹介したように年齢制限としては20歳から69歳までとなっています。

基本的には返済能力があるかどうかを審査の際に見ているのですが、やはり統計学上、年齢でも制限をすることによって安全に貸出を行っているということです。

やはり20歳未満であると法律でも色々と守られている分、責任能力に欠きます。ですから、年齢下限としては20歳以上で成人していることというように制限をかけているのだと思われます。

また、70歳以上の年齢になってしまうと、突然病気で倒れてしまったり、身体が動かなくなったりなどのようなトラブルが起こりえます。人によっては70歳でもピンピンして元気だというかもしれませんが、統計学上からすれば、70歳以上の人にお金を貸すのはどうしてもリスクが伴ってくるわけです。

プロミスカードローンは担保や保証人がなくてもお金を貸してくれるというサービスなので、ここらへんの年齢に関しては厳しく制限をしていく必要があります。

実際に自分がお金を貸すとして、しっかりと返済してもらわないといけないと考えると、いつ働けなくなるかわからない人にお金を貸すことはできないでしょう。担保や保証人があれば別ですが、そうでないですからね。

年齢詐称は犯罪

また、こういったサービスを利用する際に、テレビやマンガなどを見て、年齢詐称をして借りれるのではないかと思う方もいるようです。実はそこにはカラクリがあります。

テレビやマンガなどを見てカンタンに犯罪をされてしまったら困るので、基本的にマンガやテレビで紹介されている範囲の内容では犯罪できないようになっています。

ですから、仮にですが、マンガに記載されている通りに本人確認書類を偽造したのに、バレて逮捕されたということが起こってしまうのです。

マンガなどで扱われている犯罪は、予めそれを見て実行されてしまった場合に対処できるように作られています。ですから、真似をして犯罪を犯してしまい、人生を無駄にすることのないようにしてください。

年齢詐称は絶対にバレます。

プロミスと借入可能な年齢まとめ

プロミスはお金を貸してくれるサービスですが、返済をしてもらい利息によって利益を得ています。ですから、返済能力があるとみなされなければいけません。

その点では、年齢でも制限がかけられていて、20歳以上69歳以下でないとお金を借りれないことになっています。

promise-syousai1

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ