プロミスは総量規制対象。年収の3分の1を超えた借入は不可能

プロミスカードローンは総量規制の対象になっています。そのため、年収の3分の1を超えてお金を貸すことはできないのです。(お金を借りる立場からすれば、年収の3分の1を超えてのお金を借りることはできないということ)

ですから、仮に年収300万円の人であれば、プロミスから100万円以上の金額のお金を借りることはできませんし、それは、他の貸金業者からでも同様です。また、複数の貸金業者から借りている場合でも、合計金額で年収の3分の1を超えてはいけません。

このように改正貸金業法によって総量規制対象になってからは、よりお金を借りる人にとって安全に使えるようになったとも言えます。

この記事では、具体的に年収とはどの金額を指すのか?やどういった借入が総量規制の対象になるのかを詳しくまとめていきます。

プロミスの総量規制対象となる年収とは

年収というものが、どのようなものを指すのかがわかりづらいので、ここで詳しく説明をしておきます。

年収とは、税金や社会保険料を含めた収入の総額の事を意味しています。

サラリーマンやOLなどが会社からお金をもらっている場合、受け取っている金額は税金だったり社会保険料などを納めた後の金額です。それを手取りの金額と言います。

この手取りの金額は年収とは異なります。

会社に勤めていると、知らず知らずの間に色々な税金や社会保険料、厚生年金だったりでお金が引かれているため気付かないのですが、自身の年収はもらっている金額よりもかなり高いわけです。

ですから、思っている以上に自分の年収は高かったと思うこともあります。実際年収1000万くらいの人ですと、手取りにすれば700万くらいにまでなってしまいますし…。

※社会保険料は年収が高くなればなるほど、額も大きくなるため手取りが少なくなってしまいます。ここらへんは富の再分配の意味もあります。

まあ、それくらい様々な税金等にお金が取られているということにもなります。

総量規制の対象にならない借入とは

ローンを組んでいるとなっていても、総量規制の対象にならない場合もあります。それは、以下に該当するようなものです。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 銀行系カードローン
  • クレジットカードを利用したショッピング

これらは、総量規制の対象にならない=ローンを組んでいたとしても除外して考えて良いとなっています。

ですから、住宅ローンだったり自動車ローンでローンを組んでいるからといって、プロミスなどからお金を借りることができないことにはならないのです。

むしろ、自動車ローンや住宅ローンの返済に困ったときに、貸金業者からお金を借りるっていうことが出来るくらいですね。

プロミスの年収と総量規制まとめ

以上のことからまとめると

  • プロミスは貸金業者のため総量規制の対象になる
  • そのため年収の3分の1を超えての借入は不可能
  • 年収とは手取りの額ではなく、税金や社会保険料、厚生年金を含めた総額のこと
  • 総量規制の対象となる借入に、自動車ローンや住宅ローン、銀行系カードローン、クレジットカードを利用したショッピングは含まれない

ということになります。

実際にお金を借りることが出来るかどうかは、プロミスの3秒お借入診断を受けてみると良いです。

promise-syousai1

※3秒診断の結果が良かったとしても、実際にお金が借りれるというわけではありません。実際の審査ではその他の様々な観点から評価されるため、3秒診断で通ったとしても審査落ちとなる可能性もあります。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ