プロミスはゆうちょ銀行ATMでは借入・返済可能に。瞬フリや口座振替でも可能

2016年4月1日追記

Web明細を登録している場合には、ゆうちょ銀行ATMでの借入や返済が可能となりました。

出典元 http://cyber.promise.co.jp/pdf/20160401_yuchoATMoshirase.pdf

プロミスカードローンはゆうちょ銀行ATMでの借入や返済は不可能になっています。※あくまでもゆうちょ銀行ATMでの借入や返済が不可能なだけです。

ただし、瞬フリサービスを利用することで、ゆうちょ銀行口座へ振り込みキャッシングにてお金を借りることができますし、口座振替サービスを利用することでゆうちょ銀行口座から返済をすることもできます。

このページでは、ゆうちょ銀行を活用してプロミスから借入したり、プロミスに返済する方法を詳しくご紹介します。

ゆうちょ銀行ATMでも借入や返済可能に 2016年4月1日

2016年4月1日追記

Web明細を登録している場合には、ゆうちょ銀行ATMでの借入や返済が可能となりました。

プロミスはゆうちょ銀行ATMとは提携してないため、ゆうちょ銀行ATMを利用した借入や返済はできないようになっています。

以下で紹介している提携先であれば、ATMでの利用も可能です。

プロミスの主な提携先

以下の金融機関とは提携をしており、借入と返済が可能です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 横浜銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 西日本シティ銀行

以下の金融機関とも提携をしており、借入のみ可能です。

  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行

これらの提携先ATMを利用した場合、通常、利用手数料がかかります。

  • 取引金額1万円以下 100円+消費税
  • 取引金額1万円超 200円+消費税

ただし、プロミスATMと三井住友銀行ATMのみは手数料ゼロ円です。

瞬フリを使えば、ゆうちょ銀行へ借入が可能

ゆうちょ銀行ATMは使えないのですが、ゆうちょ銀行へ振込でお金を借りることはできます。それは、瞬フリというサービスを利用すると可能です。

※ゆうちょ銀行でのキャッシングのご利用とご返済には、Web明細のご登録が必要です。

瞬フリのメリット

瞬フリ(振込キャッシング)のメリットは

  • 手数料0円
  • インターネットから申し込み可能(スマホからでもカンタン)

という点です。

手数料が無料ということで、活用する価値はあります。必要だなと思った時に、直接現金を手にすることはできないのですが、指定の銀行口座にお金を振り込んでくれます。

家賃の支払いや光熱費の支払いを口座から引き落としにしている場合に便利です。

瞬フリの受付時間と振り込み実施時間(ゆうちょ銀行の場合)

曜日 受付時間 振込実施時間
平日 0時00分~9時00分 当日9時30分頃
9時00分~14時50分 受付完了から10秒程度
14時50分~24時00分 翌営業日9時30分頃
土日祝日 0時00分~24時00分 翌営業日9時30分頃

<サービス停止時間>

  • 毎週月曜日0時から7時
  • 元日は終日
  • サーバーメンテナンスにより不定期停止されることもあり

以上のように、平日の午前中頃であれば、受付完了からたったの10秒程度でお金を振り込んでくれるという便利なサービスです。※金融機関によっては、多少時間のずれがあり。

※上の表はあくまでもゆうちょ銀行を利用した振込キャッシングの場合です。三井住友銀行ジャパンネット銀行などの原則24時間振込可能な金融機関の口座であれば、24時間最短10秒での利用が可能です。

promise-syousai1

口座振替でゆうちょ銀行から返済可能

また、ゆうちょ銀行ATMからはお金を返済することはできませんが口座振替を利用すれば、ゆうちょ銀行口座から返済をすることができます。

口座振替のメリット

口座振替を利用すれば、手数料が無料で、しかも自分でお金を返済する手間も省けるので是非導入したいところです。

  • 手数料無料
  • 毎月返済日に自動で引き落とし
  • 自分で返済する手間がなし

ゆうちょ銀行で口座振替を利用する場合

ゆうちょ銀行で口座振替
申し込み方法 契約後会員ページから申し込み
利用対象者 通常貯金口座のキャッシュカードを保持している方
利用可能口座 通常貯金
利用可能時間 0時05分~23時55分

1月1日~1月3日は終日利用不可

1月4日0時00分~6時30分は利用不可

返済期日 毎月5日
手数料 0円

口座振替を利用すれば、毎月の返済が楽になり、返済の延滞の心配もありません。返済が延滞すると、遅延損害金も発生しますし、金利引き下げ交渉や限度額増額審査にも悪影響を及ぼしますので、口座振替を利用するとこういった心配がなくなります。

promise-syousai1

プロミスとゆうちょ銀行まとめ

ちょっと長くなったので、これまでのお話をまとめます。

  • ゆうちょ銀行ATMからは借入も返済も不可能です。
  • 瞬フリを使えば、ゆうちょ銀行口座へ振込でお金を借りることができます。
  • 口座振替サービスを使えば、ゆうちょ銀行口座からお金を返済することができます。

ゆうちょ銀行ATMは使えなくても、その他のサービスを活用すれば、ゆうちょ銀行から借入や返済も可能なので、それらのサービスを活用してみてください。ただ、三井住友銀行口座を持っているのであれば、そちらのほうがお得に活用できます。

※2016年4月1日追記

Web明細を登録している場合には、ゆうちょ銀行ATMでの借入や返済が可能となりました。

promise-syousai1

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ