カードローン審査比較!時間+スピード+即日+在籍確認

カードローンを選ぶ際に比較するべきポイントとしては、審査です。審査に時間がかかりすぎると借りるのに時間がかかってしまいますし、予め知っておけば審査に落とされてしまうかどうかがわかります。

無駄な時間を省くためにも以下の記事をご覧ください。審査基準や、選ぶ際のポイントを比較表にしてまとめています。

カードローン審査の基準は?

返済能力の調査

カードローンの審査は、ずばり返済能力を見ています。あなたにお金を貸したとして、しっかりと返してくれるかどうかということです。そのことに関して調査するために、あなたの本人確認書類や勤務先情報、信用情報を確認したり、場合によっては収入証明書を見ていきます。

例えば、カードローンのお申込みページでは、自身の生年月日や性別・自宅情報・勤務先情報などを記載していきます。でも、ただ記入するだけですから、やろうと思えば誰でも嘘を記入できてしまうわけです。そうなると困るので、本人確認書類や勤務先への在籍確認などから、正しい情報かどうかを判断しています。

また、他社借入に関してや、過去に返済を延滞していたりなどの情報は信用情報からわかります。このようなことをじっくりと見ていくというわけですね。

ちなみにですが、他社借入をしていると審査に不利なのではないかと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。他社借入していてもしっかりと返済実績がある人なら、むしろ初めてカードローンを利用する人よりも信頼できる人と認識されることすらあります。

総量規制

そして、忘れてはならないのが、総量規制の問題です。総量規制とは、「貸金業者からお金を借りる場合年収の3分の1を超える借入はできない」ことを決めたものです。

貸金業者は消費者金融が該当しており、消費者金融からお金を借りる場合には、総量規制に注意しないといけません。特に問題になるのは、専業主婦のように収入がない場合です。収入が0=年収の3分の1も0なので、お金を借りることができないっていうわけです。

基本的には、上で紹介した返済能力と総量規制によって審査基準が決められていると考えて良いです。カードローン会社では、これらを総合的に調査して、返済能力があると判断されれば、審査に通ることになるということです。

カードローン審査の比較表

名称 審査時間 収入証明書 総量規制 詳細
プロミス 最短30分 50万円以下なら収入証明書原則不要※2 対象 promise-syousai1
アコム 最短30分 50万円以下なら収入証明書原則不要※2 対象 アコム詳細
SMBCモビット 最短即日※1 対象 mobit-syousai1

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降のお取り扱いとなる場合があります。

※2 詳細は公式サイトにてご確認ください。

収入証明書欄に50万円以下なら収入証明書原則不要と書いているのは、収入証明書が必要となるケースには以下の2通りあるからです。

  1. 同一カードローン会社から50万を超える借入をする場合
  2. 他社を含めて100万を超える金額の借入をする場合

これらのどちらかに該当する場合には、収入証明書の提出が必要となります。

審査時間が早いのは?

審査時間が早いのは、アコムとプロミスです。特にアコムに関してはスピードに定評があります。早く借入したいなどの条件があるなら、アコムかプロミスを選択しましょう。金利面ではプロミスの方がお得です。

使ってみたからわかる頼りになったカードローン

実際に使ってみて思ったのは銀行カードローンは高額融資でないとあまり対応してくれませんし、審査にも時間がかかります。そのため、融通の効きやすいプロミスなどのカードローンを私はおすすめしています。

プロミス 50万以下なら原則収入証明書不要が嬉しい
  • 最短1時間でお金を借りれる
  • 即日融資も可能
  • 日祝でもお金を借入可能
  • 初めての利用で30日間無利息サービス(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
  • 公式ページにて借入可能か3秒診断有り
  • 安定収入があればアルバイトでも借りれる
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから結果がでる
実質金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
融資スピード 即日融資も可能
詳細
プロミス公式
スマホだけでも申込から融資まで完結可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ